コラム|新横浜で歯科をお探しの方は【横浜アリーナ前歯科】まで

診療時間
9:00~12:00 / /
13:30~19:00 / / /

:日曜は9:00~13:00  休診日:水曜・日曜午後・祝日

〒222-0033
横浜市港北区新横浜3丁目17−12
アルファスペース新横浜 1F

tel.045-594-6839
  • 地図
  • メニュー

子どもの口臭の悩みについて~中高生の口臭の原因と予防~

皆さん、こんにちは。   新横浜の「横浜アリーナ前歯科」です。     中学生・高校生は、口臭が強くなる時期です。   思春期のお子さんをもつ親御さんは、ふとした瞬間にお子さんの口臭に気付いて、驚くことがあるかもしれません。   「こんなに臭くていじめられたりしない?」と心配になるかもしれませんが、お子さん自身も気にしているかも… 続きを読む

「Floss or Die(フロスか死か?)」デンタルフロスで歯周病を予防!

皆さん、こんにちは。   新横浜の「横浜アリーナ前歯科」です。     「Floss or Die(フロスか死か?)」   インパクトの強いメッセージですが、これは昔、アメリカの歯科医師会が歯周病ケアのキャンペーンで発信した「デンタルフロスを使いますか?それとも死を選びますか?」という意味のキャッチコピーです。   つまり、歯周… 続きを読む

歯周病の予防に期待できる!おすすめの食品

皆さん、こんにちは。   新横浜の「横浜アリーナ前歯科」です。     高齢になって自分の歯で食事を楽しめないと、生活の質がグッと落ちたように感じ、幸福度が大幅に下がるといいます。   高齢になると自分の歯を失うのは、どうしてだと思いますか?   その原因のひとつが歯周病です。歯周病は、45歳以上の中高年が歯を失う原因の第一位で… 続きを読む

軽視しちゃだめ!歯周病が重篤な全身疾患を引き起こす

皆さん、こんにちは。   新横浜の「横浜アリーナ前歯科」です。     歯周病を放置していても、それほど大きな問題にならないと軽視していませんか?   歯周病は、細菌による感染病です。細菌が肺や血管に入り込むと、時として重篤な疾患を引き起こすことがあるのです。   ここでは、歯周病をきっかけに、命を脅かす全身疾患につながるリスク… 続きを読む

プラークコントロールで歯周病を改善

皆さん、こんにちは。   新横浜の「横浜アリーナ前歯科」です。     歯周病の予防で大切なのは、「プラークコントロール」です。テレビCMなどでも聞き覚えのある言葉ではないでしょうか?   プラークとは歯垢のことです。歯についたプラークを放置していると、そこが歯周病菌やむし歯菌の温床となって、細菌がどんどん増殖していきます。  … 続きを読む

歯周病予防には、北欧スウェーデン式歯磨きがおすすめ!

皆さん、こんにちは。   新横浜の「横浜アリーナ前歯科」です。     歯周病予防・むし歯予防の基本は「歯磨き」です。   その効果をグンと上げたいと考える方は、予防歯科の先進国といわれる北欧スウェーデン式の歯磨き法を採り入れてみてはいかがでしょうか?     自分の歯で食事を楽しむ高齢者が多い国 北欧スウェーデンでは… 続きを読む

歯周病予防におすすめ!乳酸菌パワーで免疫力アップ

皆さん、こんにちは。   新横浜の「横浜アリーナ前歯科」です。     乳酸菌というと、腸をキレイにするというイメージが強いかもしれませんね。   ヨーグルトなどの乳製品や納豆などの発酵食品に豊富な乳酸菌は、歯周病をはじめとするお口の健康にも役立ちます。   毎日のヨーグルト習慣、納豆習慣で、歯周病の予防をはじめませんか? &n… 続きを読む

歯周病のお話

横浜アリーナ前歯科院長の河合です。 今回は歯周病についてお話させていただきたいと思います。 歯周病は、大きく分けて2つに分類されます。 ① 歯肉病変 ② 歯周炎 歯肉病変、歯周炎は日本歯周病学会の分類によると、下記にさらに細分されます。 ① 歯肉病変 ・プラーク性歯肉炎 ・非プラーク性歯肉病変 ・歯肉増殖 ・HIV感染に関連してみられる歯肉病変 ② 歯周炎 ・慢性歯周炎 ・侵襲… 続きを読む

口臭が気になる…歯周病が原因かもしれません

皆さん、こんにちは。   新横浜の「横浜アリーナ前歯科」です。     口臭がひどくなってきた…そんな自覚症状が出てきたら、歯周病が進行している可能性があります。   歯周病は初期の段階では、痛みなどがなく、なかなか気づきにくい病気です。それでも静かに進行し、気付いたときには口臭がひどくなっていたり、歯ぐきが腫れて血がでたり…といった状態… 続きを読む